平成26年度

11月文楽公演

第1部 双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)

【堀江相撲場の段】

【大宝寺町米屋の段】

浅葱返し
浅葱幕が振りかぶせられ、
幕中で転換が行われます。

【難波裏喧嘩の段】

【橋本の段】
【八幡里引窓の段】
第2部 奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)
【朱雀堤の段】
【環の宮明御殿の段】
【道行千里の岩田帯】
【一つ家の段】
【谷底の段 】
一つ家の屋体がセリによって上がり、下から岩が現れます。同時に大前手摺にも岩の手摺をかぶせます。

夏休み文楽特別公演

第1部 【親子劇場】かみなり太鼓(かみなりだいこ)
 

かみなり太鼓のために
新しく作られた引幕です。

物語の舞台となる太鼓職人の家です。  
  盆と呼ばれる廻り舞台
を使用しています。
盆が回ることによって
屋台の角度が変わり、
上手側、下手側が
クローズアップされます。
 
太鼓の音に誘われて
雷雲がやってきました。
 
 

雷のトロ吉が宙吊りに
なり、空を飛びます!
屋台は迫りで沈められ、
雷雲は五色の雲へ
変わります。

最後にはきれいな虹が
迫りあがります。

西遊記(さいゆうき)
  【五行山の段】

岩の中に孫悟空が
閉じ込められています。
【一つ家の段】
 
  水色の半透明の幕が振りかぶせられ、幕内で先ほどの屋台が崩れます。
その後ろから岩の台が押し出されてきます。
幕が振り落され、波も静まります。  
 

最後は悟空と敵の銀角が戦いながら宙吊りになります。
そのまま客席の上を飛び去ります。

第2部 【名作劇場】平家女護島(へいけにょごのしま)
【鬼界が島の段】

一景目
  二景目

上手より大船が
出てきます。
三景目

大船が上手に引き取られ
た後、下手より大岩が
出てきます。
 
  最後に大岩が動き、手摺も波手摺に変わります。
都の船は遠くなり、俊寛は鬼界が島に一人取り残されてしまいます。
鑓の権三重帷子(やりのごんざかさねかたびら)
【浜の宮馬場の段】  
  【浅香市之進留守宅の段】
【数寄屋の段】  
  【伏見京橋妻敵討の段】
第3部 【サマーレイトショー】女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)
【徳庵堤の段】  
  【河内屋内の段】
【豊島屋油店の段/
同 逮夜の段】
 

6月文楽鑑賞教室

【団子売】
卅三間堂棟木由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)

【鷹狩の段】

【平太郎住家の段】

途中、壁が開き柳の精の
お柳(おりゅう)が 現れ
る仕掛けがあります。

平太郎住家の段から
木遣り音頭の段へは『返し』
と呼ばれる場面転換が行われます。

平太郎の屋台が後ろに下がり、上から
木遣り音頭の背景が下りてきます。

【木遣り音頭の段】

4月文楽公演

通し狂言 菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

初段
【大内の段】

【加茂堤の段】

【筆法伝授の段】
一景目

【筆法伝授の段】
二景目
襖を煽ると
御簾が現れます。

【築地の段】
筆法伝授の屋台が飛び、
後ろから門と塀が押し出
されます。
二段目
【杖折檻の段】
【東天紅の段】
杖折檻の屋台が飛ぶと、
後ろから背景が現れます。
【丞相名残の段】
背景が飛ばされると、屋台が押し出されてきます。

三段目
【車曳の段】

【茶筅酒の段】
【喧嘩の段】
【訴訟の段】
【桜丸切腹の段】
道具転換はありませんが、上手の桜の木が折れる
仕掛けがあります。

四段目
【天拝山の段】
一景目

【天拝山の段】
二景目
背景が飛ばされると
後ろからお堂が現れます。
【天拝山の段】
三景目
背景の浅葱幕が振り落され黒に変わります。道具返しによりお堂や壁がボロボロになります。
【天拝山の段】
四景目
塀は上下にはけて、後ろ
から岩が出てきます。
お堂も道具返しにより
岩に早変わりします。
【寺入りの段】
【寺子屋の段】

初春文楽公演

天井には今年の干支、馬の絵を描いた大凧と千客万来を祈願する「にらみ鯛」が取り付けられています。
【二人禿】
源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)
【九郎助住家の段】
傾城恋飛脚(けいせいこいびきゃく)
【新口村の段】
一景目

二景目
孫右衛門の歩きに合わせてセットが下手に動きます。

【面売り】
近頃河原の達引(ちかごろかわらのたてひき)
【四条河原の段】
一景目

二景目
黒幕が振り落されると四条河原の背景が現れます。

【堀川猿廻しの段】
檀浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)
【阿古屋琴責の段】

   このページの先頭へ戻る
   バックナンバー一覧へ戻る