ホーム 会社案内 舞台製作 舞台写真 中央区の事業 採用情報 リンク集 お問い合せ
バックナンバーはコチラ

初春文楽公演

 毎年恒例のにらみ鯛と大凧が舞台上部に掲げられています。にらみ鯛は、関西各地で新年の縁起物として親しまれてきたものです。凧には今年の干支「寅」の文字が書かれています。


寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)
 寿式三番叟は能の『翁』を人形浄瑠璃に移した演目で、能舞台を模した松羽目の舞台になっています。

菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

【寺入りの段】
【寺子屋の段】


絵本太功記(えほんたいこうき)
【二条城配膳の段】
 普段は地面の色をしている大前手すりは畳の絵になり、大臣にも壁の絵のパネルと襖がかけられています。
【夕顔棚の段】
【尼ヶ崎の段】
二景目
 返し(見せ転換)によって屋台は上手に移動し、藪は下手にハケていきます。松の大木が下手から出てきて、最後に黒幕が振り落され、海の背景が現れます。

染模様妹背門松(そめもよういもせのかどまつ)
【生玉の段】
 最後に上から『夢』と書かれたパネルが下りてきて、この段で起こったことが夢であったと分かる仕掛けです。
【質店の段】
 前段からは返しで転換します。生玉の段の背景は上に飛ばされ、その奥から質店の屋台が押し出されてきます。
【蔵前の段】

 ここも返しによる転換が続きます。質店の屋台が舞台奥に下がり、上手からは蔵が下手からは屋台が押し出されてきます。


戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)
【廓噺の段】
 上手にしだれ桜、舞台上部に糸桜があり、桜満開の早春の風景です。



バックナンバーはコチラ

  このページの先頭へ戻る